アービントン・リサーチ

資産運用教育&ファイナンシャルプラン

http://irvington-re.com/wp-content/uploads/2017/03/slide2.jpg
http://irvington-re.com/wp-content/uploads/2017/03/slide11.jpg

不透明な時代の松明

世界経済が泥沼に向かいつつある中、再び金融恐慌の影が忍び寄っています。年金等社会保障制度に対する不安が広がっています。一方、2017年は確定拠出型年金運用元年となり、主婦や自営業者に税制上で有利な制度がスタートしました。若い世代からシニアまで資産形成のため、金融経済の最前線の情報が不可欠です。企業も個人も「生き残り」のため、確りとした松明(たいまつ)が必要です。資産運用の松明が当FPです。
金融経済分析には様々なテクニカル分析やグローバルな視点による政治経済・マクロ分析情報を発信しています。また、当FPでは金融経済についての情報発信と若い世代の投資教育で社会貢献を目指しています。ヘッジファンド・投資信託への投資教育・相談にも取り組んでいます。皆さんのご参加をお待ちしています。

お知らせ・最新情報・イベント紹介

  • 2018年7月7日 セミナー開催

    リーマンショック金融危機から始まった大規模金融緩和からの出口はまさに人類未踏の世界。
    本当にそんなことが成功するのか?昨年来の予想通り、株価は先見的に下落し、調整を続け
    ています。
    一方、金融市場で増々不透明感が深まる中、国際情勢の激変は続き、中東情勢の悪化は加速
    しています。ゴラン高原の混沌はまったく終着点が見えません。第3次中東戦争から51年、第3.5次中東戦争はもう始まっています。原油価格は予想通り、72㌦に到達しました。今後の展開は?

    そして、日本景気回復の最終年後半。世界経済が曲がり角を迎える中、日本の金融経済はいったいどのような展開となるのでしょうか。様々な角度からの解説を試みます。奮ってご参加ください。

    ①米国ワシントンからの最新トランプ情報
    ②金融経済動向解説 等

    定員15名 申し込み〆切 7月1日

    日時 2018年7月7日(土曜日)14時から17時
    場所 TKPスター貸会議室四谷
    〒160-0004
    東京都新宿区四谷1-8-6
    ホリナカビル第一会議室

    https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/st-yotsuya/access/

    参加費 5000円

    【お振込み】
    銀行名:ジャパンネット銀行
    支店名:ビジネス営業部
    店番号:005
    口座番号:普通1560830
    名義:アービントンリサーチ

プロフィール

神成 厚至(ASTUSHI KAMNARI)

金融経済アナリスト(証券アナリスト(CMA)、テクニカルアナリスト(CFTe))
大手損害保険の米国NY駐在員ファンドマネージャーとして米国株式・不動産運用に従事、投資信託・投資顧問会社でトレーディング部長執行役員。金融市場を独自のダイナミックペンタゴン分析と黄金分割サイクル論により分析、2025年までおこる金融恐慌に警鐘を鳴らしている。